飲食店実践ノウハウ集 接客・サービス(1)-1|株式会社フードビジネスイノベーション

│飲食店│売上アップ│経費削減│チーム力アップ│マーケティング│メニューブック│独立開業│コンサルティング│

logo_line.jpg

■接客サービス その1■
そのやり方は間違いだらけ!
お客様が一気に冷める「ダメなサービス」

顧客満足って何だろう?

「お客様は神様です!」
飲食店に限らず、お客様は大切です。お客様がいなければ、商売が成り立たないわけですからね。
丁重にもてなしながら、より良い関係を築いていくことが必要です。あなたが提供することに喜び、お金を支払ってくださるお客様。確かに商売の上では神様ではありますが、神様が絶対とは限りません。
太陽や月は、どんな人にも平等に光をくださいます。ですから、神様は目に見えませんが、どんな人にも平等なのだと思います。
平等ではありますが、「助けてくれ」といったときに、必ず助けてくれるわけではありません。だって、「明日は遠足だから晴れてほしい」ってお天道様や神様にお願いしても、遠足当日は雨だった経験がありませんか? 晴れる日もあれば、雨の日もあるのです。
商売であっても、セオリーや黄金律や王道はあっても、どのような状況でも必ずそれが通用するわけではありません。という前提で、これからの話におつきあいください。

まず、サービスを提供する側は、なにがなんでもお客様のいうことを聞き、親切でなければならないという決まりはありません。まず、そこから意識を変えていくことをはじめましょう。

このコラムでは、お客様のことを、親しみを込めて「お客さん」と呼ぶことにします。

<タルイ流商売繁盛のヒント>

セオリーや王道はあるが、通用するとは限らない!

・「お客様は神様」だが、絶対ではない。
・お客さんの要望にすべて応えることが、サービスとは限らない。