飲食店実践ノウハウ集 接客・サービス(2)-2|株式会社フードビジネスイノベーション

│飲食店│売上アップ│経費削減│チーム力アップ│マーケティング│メニューブック│独立開業│コンサルティング│

logo_line.jpg

■接客サービス その2■

今日からできる! 簡単だけど効果大のサービス

サンキュー&グッドチョイス

前項で、すべてのことに「ありがとう」をと説明しました。
「ありがとう」が自然に出るようになったら、もう一つステップアップしましょう。
それが、お客さんの選択が「グッドチョイス」であることを伝えることです。

感謝する言葉はよく使う店も増えましたが、お客さんをより満足させる意味での「グッドチョイス」まで伝えているお店はそう多くはありません。
よく使う「ありがとうございます」の発展型として、グッドチョイスを積極的に表現してみましょう。

お魚が有名な居酒屋で、「やっぱりこれ食べたいから」とお客さんが指し示したのは、なんと串焼き。
「うちは、串焼きがメインじゃないし…」と思うのではなく、「お客さん、お目が高い。当店の串焼きも美味しいのですよ」と一言添えるだけで、お客さんも安心できますし、なんだか「串焼きを頼んで正解だった」ような空気にもなります。

たとえば、八百屋さんに出かけたら、レタスと見慣れない野菜とが並んでいたとします。ともに100円の値札が付いています。さあ、あなたならどちらを手にしますか?
僕は冒険して見慣れない野菜を手に取るかもしれませんが、この野菜でよかったのか自信を持つことができません。これが、500円だったら、1000円だったらと高くなればなるほど、考えは保守的になり、レタスを取る可能性が高くなる気がします。
そう、同じ価格の野菜を買うなら、食べたこともない野菜よりもよく知っているレタスを選ぶのは当然のことです。食べ方も味も分からないのに、進んで買ってみようとは思わないものなのです。

でも、もし八百屋さんの店主が食べ方や味を教えてくれたら、見慣れない野菜を選ぶ可能性がぐっと高まります。食べ方を教えてくれなくても、見慣れない野菜を手にした瞬間に「お客さん、気になるでしょう。入荷したばかりなんです」とでもいわれれば、その野菜への興味がぐっとわきます。
お客さんは、自分の選択について不安を持っていることが少なくありません。だから、その不安を解消するために、「あなたの選択は間違っていませんよ」と伝えられる一言添えてみましょう。

お礼状でも同じです。
お礼状という言葉のとおりに感謝の意を伝えるだけではもったいないのです。
ここにも「グッドチョイス」を。
「ありがとうございます」だけではなく、「数あるお店の中から当店を選んでくれたあなたは素晴らしい」と伝えてみましょう。
「ありがとうございます」は言いやすいのですが、「グッドチョイス」を表す言葉はちょっと少なめですね。
「グッドチョイス」を意味する言葉を、お店のスタッフみんなで、日頃のミーティングから考えてみてはいかがでしょうか。

<タルイ流商売繁盛のヒント>

「ありがとう」の次は「グッドチョイス」を伝えよう

・お客さんは評価されることを望んでいる。
・お客さんの選択を「素晴らしい選択です」とほめ、自信をつけてもらおう。